Home

ProfileInformationColumnNumerology

TarotWorksBooksBBS

OtherContactLinkReading

 

Column


 

数秘術関連等ツイート(2011年6月分)

 

2011年5月分へ

月別ツイート一覧に戻る

2011年7月分へ

 


 

杉本博司 (2011.6.30 21:46)

 

妻が杉本博司(1948年2月23日生)の写真展に行きたい行きたい!と一人で興奮している。

以前に氏の海の写真をずーっとずーっと見ていたという。

基本数2の写真家が切り取った黒白の世界は確かに美しい。妻と一緒に行ってもいいかも。

 

上へ上へ戻る


 

サン=テグジュペリ (2011.6.29 9:30)

 

1900年の今日6月29日は、「星の王子さま」の作者サン=テグジュペリ生誕の日。

同著にて「大切なものは、目に見えない」と投げ掛けた、基本数9の飛行機乗り。

戦時中の偵察飛行中に撃墜され海に没した彼は、作中最後に姿を消した「王子」の様だ。

 

上へ上へ戻る


 

説明ベタ (2011.6.28 12:09)

 

「暗黙の了解」「空気を読む」文化を持つ日本と日本人。

この文化が却って日本と日本人を「説明ベタ」にしている気がする。

 

上へ上へ戻る


 

希望のマラソン (2011.6.28 8:02)

 

1981年の今日6月28日は、カナダの国民的英雄テリー・フォックス(Terry Fox、1958年7月28日生)の没日。

骨肉腫で義足となった彼は癌研究資金獲得の為に毎日42.195km走る「希望のマラソン」を行った。基本数4の意志は不屈だ。

 

上へ上へ戻る


 

6月28日と第一次世界大戦 (2011.6.28 7:42)

 

今日6月28日は第一次世界大戦に纏わる日。

 

1881年:オーストリアがセルビアを保護国化

1900年:オーストリア皇太子が結婚

1914年:サラエボにて同皇太子夫妻がセルビア人青年により暗殺(サラエボ事件)

1919年:ヴェルサイユ条約締結

 

上へ上へ戻る


 

ラフカディオ・ハーン (2011.6.27 8:09)

 

1850年の今日6月27日は、パトリック・ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)生誕の日。

基本数2の彼は、その強き感受力をもって「日本文化」を吸収・咀嚼し、日本が「日本」である事を数多く綴った。

上昇の法則の3の如く東洋と西洋を折衷した。

 

上へ上へ戻る


 

ヘレン・ケラー (2011.6.27 7:50)

 

1880年の今日6月27日は、盲聾唖の三重苦を乗り越えて教育福祉者となったヘレン・ケラー生誕の日。

基本数5の彼女は、逆数及び下降の法則の4(束縛・難儀・閉塞)を乗り越え、上昇の法則の6へと飛躍した。 正に人間の可能性を示したのだ。

 

上へ上へ戻る


 

「1」=「9」 (2011.6.27 7:37)

 

数学的には「0.999…(無限に9が続く)」「1」はイコールとされる。

この事は簡単な方程式でも証明出来る。

 

9が無限に続く「0.999…」を単数変換すると「9」。つまり「1」=「9」

始まりは終わりであり逆もまた真である。

 

上へ上へ戻る


 

「JIN」 (2011.6.26 22:56)

 

「仁―JIN」の最終回観了。

「JIN」をゲマトリアすると1+9+5=15→「6(愛・美)」。切ない「愛」を観た。

 

上へ上へ戻る


 

「4」が纏う「5」 (2011.6.26 18:58)

 

岡本太郎・ビートたけし・タモリ・立川談志・堀江貴文・忌野清志郎。

適当に列挙してみたけど、彼らは皆基本数「4」

彼らの私生活は兎も角、表向きは正に逆数そして上昇の法則の「5」を全力で生きている。

「4」が纏う「5」の何と魅力的な事よ。

 

上へ上へ戻る


 

輪廻やカルマ (2011.6.24 18:03)

 

何となくゲマトリアしてみた。

 

輪廻(samsara)→18→9

カルマ(karman)→22→4

涅槃(nirvana)→34→7

ヴェーダ(Veda)→14→5

 

上へ上へ戻る


 

ラーマ9世 (2011.6.24 8:09)

 

国民の人気が高いタイの現国王ラーマ9世(1927年12月5日生)は基本数「9」

1992年に発生したクーデター未遂事件では、軍側の首相と民主化運動指導者を玉座の前に正座させ、説得のみで騒乱を鎮めたという。

ダブルの「9」の本領発揮と言える。

 

上へ上へ戻る


 

美空ひばり (2011.6.24 7:47)

 

1989年の今日6月24日は、美空ひばり(1937年5月29日生)の没日。

基本数「9」の彼女は、社会年数「9」・同月数「6」・同日数「3」の時にこの世を去った。

国民から広く(9)愛された(6)昭和の歌姫(3)を送るにはよい日だったのだろう。

 

上へ上へ戻る


 

ドレミファソラシ (2011.6.24 7:39)

 

1024年の今日6月24日はドレミの日。

イタリアの修道士グイード・ダレッツォがこの日に「ドレミファソラシ」を利用した階名唱法を考案したとされる。この時の社会年数は「7(7音階)」、同日数は「1(創始)」

 

上へ上へ戻る


 

「7」のリズム (2011.6.23 23:11)

 

明日が終われば連休。「5」日働いて、「2」日休む。規則正しい「7」のリズム

来月は「6」日働いて、「1」日休む。身心を切り刻む「7」のリズム

 

上へ上へ戻る


 

金持ち喧嘩せず (2011.6.23 13:11)

 

「金持ち喧嘩せず」って言うけど、その実、喧嘩する相手もいないほど孤独だったりして。

だったら喧嘩相手がいる生活の方がいいな。

 

上へ上へ戻る


 

本当の近代国家 (2011.6.23 13:07)

 

「国歌を歌う事を強制されない国」が本当の意味での近代国家だと思うよ。

 

上へ上へ戻る


 

織田信長 (2011.6.23 7:59)

 

1534年6月23日(天文3年5月12日)は、織田信長生誕の日。

基本数6・日数5・年数4・月数6・月日数2・姓名数5・母音数9・子音数5・基本+姓名2。

「5」が3つ、「2」「6」が2つずつ。仄かに信長の人となりが見えてくる。

 

上へ上へ戻る


 

一番長い日 (2011.6.22 17:50)

 

今日6月22日は夏至

昼間が一番長い日だが、もちろんこれは「北半球」での話。

「南半球」では夜が一番長い日となる。地球は「北半球」だけでは無い

 

上へ上へ戻る


 

シカがかわいそう (2011.6.22 7:51)

 

昨日は中央線がシカと衝突して遅延等が生じたらしい。

電車に乗っていた人や駅にいた人達がその情報に接した時、「シカがかわいそう」と感じた人間がどれほどいた事だろう。きっと極々少数に違いない。

 

上へ上へ戻る


 

数秘術学習の心得 (2011.6.22 7:33)

 

・様々なものに1〜9を当てはめてみる

・ある一つのものを9分類してみる

・数学・図象学・歴史・宗教的解釈をバランス良く学ぶ

・電卓で遊ぶ

・アイデアはすぐにメモ

・自由な発想を妨げない

・「学ぶ」より「遊ぶ」こと

 

上へ上へ戻る


 

本能寺の変 (2011.6.21 7:42)

 

当時の西暦であるユリウス暦1582年6月21日(社会日数7)は、本能寺の変にて織田信長が自害した日。

和暦では天正10年6月2日(同9)であり、グレゴリオ暦では同年7月1日(同6)である。

 

上へ上へ戻る


 

やらなくて良い (2011.6.20 13:13)

 

ストレスから解放される生活を目指すべく様々な課題に真剣に取り組む事で、却ってストレスが増してしまう不思議。

本当にストレスから解放される生活を送りたいのであれば、「○○しなければならない」を一つでも多く減らす事だな。人生、やらなくて良い事が多過ぎる

 

上へ上へ戻る


 

生と死 (2011.6.19 19:19)

 

「生(Live)」「死(Death)」

それぞれの英語の頭文字は「L(=3)」「D(=4)」

活動・拡大の「3」と、静止・縮小の「4」。実に分かりやすい対比だ。

 

上へ上へ戻る


 

豊田商事の末路 (2011.6.18 18:25)

 

1985年6月18日は、豊田商事社長の永野一男(1952年8月1日生)が自称右翼の男ら二人に殺害された日。

基本数・年数・月数・総合数が8、日数1、月日数・子音数・母音数・姓名数が9の彼は、個人年数4→5の間際、個人経過月数5で自業自得の死を迎えた。

 

上へ上へ戻る


 

6月18日 (2011.6.18 9:20)

 

今日6月18日は平年の場合、年始から169日目であり、年末まで後196日

6と9のコラボレーション。

 

上へ上へ戻る


 

鎖を外そう (2011.6.18 9:10)

 

己を縛るの如き常識・慣習・欲望等々。

このを一本ずつ勇気を出して外していく事で、視界はクリアとなり、頓着もしなくなり、人生大いに楽になる事だろう。

みんな鎖に縛られ過ぎじゃないか?

 

上へ上へ戻る


 

剣聖将軍 (2011.6.17 7:46)

 

1565年6月17日(永禄8年5月19日)は、室町幕府第13代将軍足利義輝が、松永久秀・三好三人衆の襲撃を受けて殺害された日。

基本数4(和暦9)の彼は「剣聖将軍」の異名に恥じぬ奮戦をするも、個人日数4(和暦5)に斃れた。享年29。

 

上へ上へ戻る


 

皆既月食 (2011.6.15 21:40)

 

今夜(未明)は皆既月食らしい。

ちなみにこの21世紀中に皆既月食は85回あるとの事。思ったよりも頻度多いな。

長い地球の歴史から見たら「日常茶飯事」クラスだな。

 

上へ上へ戻る


 

ビルケランド (2011.6.15 13:11)

 

1917年6月15日は、ノルウェーのオーロラ研究家で物理学者のクリスチャン・ビルケランドが、上野精養軒ホテルで睡眠薬の誤量投与(自殺の可能性も有)が元で没した日。

オーロラ研究といい、亡くなり方といい、基本数「2」の象意が一番しっくりくる。

 

上へ上へ戻る


 

未来の占星術 (2011.6.15 7:35)

 

人類が火星に居住出来るようになったら占星術はどうなるんだろか。今から楽しみだ。

 

上へ上へ戻る


 

「無意識」が救いしもの (2011.6.14 18:22)

 

実証する事が出来ない「無意識」

オカルティストは、この概念にどれだけ助けられた事か。

 

上へ上へ戻る


 

太宰治の死 (2011.6.13 19:56)

 

1948年6月13日は、太宰治と愛人の山富榮が互いを赤い糸で結び玉川上水で入水自殺した日。

「死ぬ気で恋愛してみないか」と言った太宰に「若し恋愛するなら、死ぬ気でしたい」と答えた山崎。

基本数「8」の両名の激しく哀しい化学反応

 

上へ上へ戻る


 

不要な「意味」 (2011.6.12 13:44)

 

「生」とか「死」というものにヒトはやたらと「意味」を与えたがる。

「意味」を与える事で救われる時もあれば、逆に苦しめられる時もある。

ヒト独自の働きである「意味」を与えるという行為をやめてみる事で、ヒトは本当に「解放」される事だろう。

 

上へ上へ戻る


 

時間に無視される (2011.6.12 13:34)

 

ヒマ過ぎるのも嫌だけど、忙し過ぎるのはもっと嫌だな。

時間の奴隷になるよりも、時間に無視された方がはるかにいいな。

 

上へ上へ戻る


 

信長は「666」 (2011.6.12 12:03)

 

1560年6月12日(ユリウス暦)は、桶狭間の戦いで織田信長が今川義元を討ち取った日。

信長は1534年6月23日に生まれ、1582年6月21日に本能寺で斃れた。

6月生まれで基本数「6」第六天魔王の信長こそ「666」かも知れない。

 

上へ上へ戻る


 

入ら切らない「9」 (2011.6.12 11:04)

 

自然(9)システム(8)では抑え込めない。 「8」「9」が完全に入り切れないのと同じ。

 

上へ上へ戻る


 

武満徹 (2011.6.12 9:18)

 

「題名のない音楽会」なう。今日は武満徹の作品。各所に「5」が散りばめられている。

1930年10月8日生、基本数「4」の武満は、チベットの五色旗の概念を作品に用いている。

「4」「5」を追い求める。 正に「逆数の法則」が現れている。

 

上へ上へ戻る


 

菊の御紋 (2011.6.11 23:26)

 

「十六八重表菊」所謂「菊の御紋」は、日本の天皇及び皇室を表す紋章であるが、164×4(伝統・基盤)でもあるし、1+6=7(深奥・神格)でもある。

 

上へ上へ戻る


 

守るな目指すな (2011.6.11 16:24)

 

「4」を守ろうとすればするほど、本当の「4」は遠ざかり、「5」を目指せば目指すほど、本当の「5」は消えていく。

 

上へ上へ戻る


 

遠回しの「わからない」 (2011.6.11 16:14)

 

先程、日テレにて原発事故や放射能問題について喧々囂々議論を交わしていたが、専門知識が豊富であるという自負が強ければ強いほど、「わからない」という言葉を避ける。

そして長ったらしく専門用語を並べて「わからない」という意を遠回しに表すのだ。

時間の無駄である。

 

上へ上へ戻る


 

「4」の隣 (2011.6.11 16:07)

 

「4(安定・伝統・保守)」の隣には常に「5(変化・革新・破壊)」が座っている。

 

上へ上へ戻る


 

プライドを捨てる時 (2011.6.11 13:25)

 

「江」の利休を見ていて思うのだが、文化人特有の強い「プライド」は死期を早める事もある。

我々「都会人」もその強き「プライド」を捨てて疎開しなければ、死期を早めてしまう事態となっているのかも知れない。

見えない放射線を前に我々は些細な「プライド」を捨てられるだろうか。

 

上へ上へ戻る


 

マイノリティ (2011.6.10 7:42)

 

僕は一応「占い師」なのだが、神や魂や霊などといったものの「実存」を認めていない。

勿論、個々の心中にそれらの「概念」を有する事は自由だとは思うし、それらを信じる事は最大限尊重している。

しかし僕は未来永劫それらの「実存」を認めないだろう。マイノリティは実に骨が折れる。

 

上へ上へ戻る


 

皇帝ネロの厄日 (2011.6.9 22:06)

 

今日6月9日はローマ帝国皇帝ネロにとって忌まわしき日。

西暦53年6月9日に最初の妻オクタウィアと結婚、62年6月9日にそのオクタウィアが自殺させられ、そして68年6月9日にネロ自身が自害した。

 

上へ上へ戻る


 

私のポリシー (2011.6.9 8:06)

 

私の数秘術研究におけるポリシー

 

■数秘術の有効性を証明すべく、科学的手法(統計学的手法等)を用いて機序の一端を紐解いていく

■宗教やスピリチュアリズム、伝統的解釈等を盲信せず、現代的解釈をもっと自由に取り入れていく

 

上へ上へ戻る


 

科学的な象意 (2011.6.7 11:23)

 

西洋占星術の惑星の象意は神話等伝統的なものに基づいて意味を付与されている。

しかし折角これだけ天文学が進化しているのだから、各惑星の「科学的見地に基づく特性」で以って象意を与えてみても面白いかも知れない。

例えばガス惑星である木星と土星はキャラが掴みにくいとか。酷いな。

 

上へ上へ戻る


 

菅首相の潮時 (2011.6.7 9:36)

 

菅首相(1946年10月10日生、基本数「4」)の6月10日からの一ヶ月間の個人経過月数は「4」。そして7月10日からの一ヶ月間のそれは「5」

自身の基本数と同じ「4」と逆数の「5」。どちらが菅首相にとってより「潮時」なのだろうか。

 

上へ上へ戻る


 

クラウドコンピューティング (2011.6.7 8:46)

 

クラウドコンピューティングは正に「9」って感じがする。

 

上へ上へ戻る


 

ユング (2011.6.6 23:12)

 

1961年6月6日は、カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung、1875年7月26日生)の没日。

基本数「9」の彼は、人間に一番近く一番遠い「無意識」という朧げだった概念に一定の形を与えた。

 

上へ上へ戻る


 

100人より1人の弟子 (2011.6.6 7:33)

 

100人の弟子にそれぞれ1%ずつ師匠の全てを分け与える事と、1人の弟子100%師匠の全てを受け継がせる事。

合計は同じく100%となるが、私は断然後者を選択する。

 

上へ上へ戻る


 

ターミネーター2 (2011.6.4 21:11)

 

「ターミネーター2」において核戦争が勃発し30億人が死んだ「審判の日」は1997年8月29日。

社会日数は「9」。正にピッタリだ。

 

上へ上へ戻る


 

校長先生のスピーチ (2011.6.4 15:09)

 

長ったらしくて大した内容でも無い校長先生のスピーチ

でもこのスピーチも立派な教育プログラム。

 

無意味な事や理不尽な状況にも耐え抜ける持久力と精神力を養う、社会適合力養成プログラム

 

上へ上へ戻る


 

大縄跳び (2011.6.4 13:13)

 

今日は訳あって中学校の運動会見学。

「大縄跳び」という皆が足並みを揃えないと成功しない社会性競技は、日本人という民族に実にマッチした運動教育だと思う。

相互交流(2)・反復練習(4)・責任と調整美(6)・組織力(8)が具わる。

 

上へ上へ戻る


 

信じる心と猜疑心 (2011.6.3 15:26)

 

こんな痛い目に遭っても、「ペテン師だ!」と憤っても、まだ菅総理を信じる鳩山氏は典型的な「7」。極端に信じやすい「7」は酷い裏切りを体験する事で逆に猜疑心の塊となる。

信じる心と猜疑心。 どちらも「7」の象意。

 

上へ上へ戻る


 

カリオストロ (2011.6.2 7:47)

 

1743年6月2日は、錬金術師のアレッサンドロ・ディ・カリオストロ(Alessandro di Cagliostro)生誕の日。

基本数「5」の彼はその象意の如く多才さを発揮して上流階級に昇り詰めようとするも、最期は失脚し失意の内に獄死した。

 

上へ上へ戻る


 

無意味な議論 (2011.6.1 23:36)

 

そう言えばかなり前にmixiの某コミュニティにて「神の実存について」というテーマで喧々囂々の議論を繰り広げた事があったけど、その時学んだのは「その議論の無意味さ」だったなぁ。

神の実存も不存も証明出来ないしね。「神」を論じなかった釈迦はやはり偉い。

 

上へ上へ戻る


 

本当の「悟り」 (2011.6.1 16:40)

 

人間がその短い一生を掛けても悟りの境地には決して達する事が出来ない、という事に気付く事が本当の「悟り」だと思う。

何かを諦めて意識をニュートラルに戻した瞬間、視界は急激に「クリア」になる。

 

上へ上へ戻る


 

開運不要論 (2011.6.1 8:12)

 

「運」を良くする為の行動やアイテムの紹介等の情報が最近は巷に溢れている。

そんな対処療法的なものよりも、運不運に関係無く「己」という中心点からぶれないようにする方法を教えた方が手っ取り早いだろ。

指針を「外」に求めるな。考えろ。元来持っている「内」の指針を思い出せ。

 

上へ上へ戻る


 

マリリン・モンロー (2011.6.1 7:58)

 

1926年6月1日は、マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)生誕の日。

基本数「7」の彼女は「6」に堕ちてディマジオやケネディ、その弟ロバート等多くの男性を愛し愛されたが、自らを愛する事は遂に出来なかったのかも知れない。「7」故に

 

上へ上へ戻る


Home

Profile     Information     Column     Numerology

Tarot     Works     Books     BBS

Other     Contact     Link     Reading